ringoの日記

なんとなく始めてみました^ ^

願いはすべて、子宮が叶える

f:id:ringokasichigo:20161218095519j:image

だいぶ前に読んだ本。
毎月の生理に悩まされた時(今でもそうだけど)、婦人科に行くことをすすめられ、診てもらうと子宮筋腫があることが判明。。
お医者さんは、子宮筋腫を持ってる人は沢山いるよ、って言われたけど、目の前真っ白。でも、理由が分かった事の安心もあったな。
治療法は極端で子宮全摘かピルとかで様子を見るか、結果何もしてなくて。。

そんな時に目に付いた本。
今まで気になるけど、勇気が出ず見ないふりをしていた婦人科検診。これって、自分のことを大切にしてな事なんだね。
子宮全摘の勇気は出ないけど、毎月自分が心地よく生きるためにしよう!と思えた1冊。
なんだかんだで不快を受け入れ我慢してしまって、仕事も休まなきゃいけない、罪悪感、余計に負担になってしまう。これを繰り返していた。

これからはラクに生きよう!
きっと大丈夫!

この本には、作者が体験してきた事を赤裸々に書かれていて、本当にいろんな人生があるんだなぁ〜〜と実感させられます。
女性にしか分からない事、人それぞれ状況は違うと思うけど、健康な人、疾患を持っている人、共通して子宮を通して自分の事を考えるきっかけになると思うな。。


分かんないけど(笑)